PAGE TOP

石井 峻人さん  / 奥三河の学芸員

GUIDE

プロフィール

石井 峻人さん / 奥三河の学芸員

千葉県出身。2011年に愛知県豊根村で一年間のボランティア活動を経験し、奥三河の暮らしや文化に魅せられ、移住を決意する。奥三河郷土館学芸員を経て、設楽町公共施設管理協会に勤める傍ら、自然体験活動指導者として、山城で狼煙をあげる、石器でカレーを作るなど、地域内外の子供を対象にした体験講座を開催している。

また、まち歩きガイド活動もしており、観光や生涯学習の場で活躍している。2018年には田口線50の会を結成し、田口線廃線50年を盛り上げるプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングで資金を募り、廃線跡にミニSLを走らせるなどの活動を行った。

奥三河は人口減少著しい過疎地ではあるものの、美しい景観、豊かな歴史、奥深い文化の根付く地域であるので、学び、実践する仲間を増やすことで地域の魅力を次世代につないでいけるように活動している。

したらんトレイル(設楽町公共施設管理協会)